From:
To:
 
 

Japanese Translator

  • 「あんたの配下に加わるつもりはねえぞ」
  • "Going to join under you hit ezo"
  • 「時代の麒麟児ヴァーリと、その軍師ロキ。
    卿らの参戦は、まさに僕の待ち望んだ風向きだ」
  • "A prodigy of Valle and its strategist Loki. Participation from the Lord is exactly what awaited me in the wind. "
  • そこまで言って、ベルクは髭面にニヤリと笑みを浮かべる。
  • Saying that, Berg is Beard on grin and smile.
  • 「やはりそれしかないか。しかし実のところ、僕達は今、防戦に
    回っていてね。事態が動くまで耐え忍んでいたところだ」
  • "Or not but still. But actually I we have now, turning to the defensive. I've had patience to move things.
  • 「ゲートの確保を優先するべきだ。
    天界からの増援を封じてから、元老院をじっくり料理する」
  • "Ensure the gate should be preferred. Reinforcements from the heavens slowly Cook ware from the control.
  • ヴァーリは2人の様子をそれとなく観察した。
  • Valle 2 people it not observed.
  • ベルクはロキを窺うような視線を向けた。
    彼は以前、ロキを覇王その人だと断じる発言をしている。
  • Berg turned look like look for Loki. He previously, Loki, Overlord has contended that person said.
  • ベルク「軍師殿には何か妙案がおありかな?」
  • Berg "strategist, brainstorm what a crusader? "
  • 「なるほど、こちらにも付け入る隙はあるということか」
  • "A reconnaissance to learn that?"
  • 「しかし今のところ、天界から派遣されてきたのは下級天使の軍勢、
    いわゆる兵隊に過ぎない」
  • "But so far, the only so-called soldiers, armies of the lower Angels sent from heaven.
  • 「起動したりしなかったりと、不安定な状態らしいね。
    元老院の祭祀長ヴェスラは、天界との交信を確実なものにしよう
    と躍起になっているようだ」
  • "And then start or seems unstable and not. Senate ritual long vessel to ensure communication with the heavens and rushing seem.
  • 「ゲートは完全じゃないと?」
  • "Gate is not complete? "
  • 「今はまだ僕の兵力の方が勝っているからいいけどね。
    ゲートが安定して、天界からこれ以上の軍勢が派遣されたら、
    さすがに旗色が悪い」
  • "But I still beat my forces for it. Stable gate, heaven dispatched more troops once the truly bad odds.
  • 「なかなかの強敵だな。さっきの引き際も見事なもんだった」
  • "That's pretty tough to beat. Brilliant I quit it was.
  • 「大分手こずっているようですね、ベルク将軍」
  • "It seems that Oita holdup Berg General.
  • 「やぁ、助かったよ。卿らのおかげで命拾いした」
  • "And now, helped me out. Have a narrow escape thanks to their Lord.
  • 護衛の兵を引き連れて、ベルクが挨拶にやってきた。
    ヴァーリは出迎える姿勢を取る。
  • Accompanied by military escorts, Berg came to say hello. Valle take attitude meet.
  • 「ヴァーリさま、ベルク将軍が参られました」
  • "General Valle customers, Berg was misidentified.
  • 「自ら目を閉じし神の兵は、その盲目ゆえに迷いを知らず、神敵を
    滅するであろう。……一筋縄ではいかないヨ」
  • "Closed his eyes and because of its blind soldier of God, without hesitation, enemies of God will be in extinguishing. ... Difficult! "
  • 「……どうしてでしょうか。全然違うはずなのに、私が率いていた
    死者の軍団と、似たものを感じました」
  • "... Why not. I felt something similar to legions of the dead should be different, even though I was led by the "
  • 「見たことのない術式を使ってきたな。天界のものか。
    それにあの統率の取れた動き、奇襲が決まってもほとんど動揺が
    なかった」
  • "A've seen no operative.
    What in the heavens. Disciplined that it had little sway motion and determined surprise attack.
  • だがその短い交戦でも、ヴァーリは相手の厄介さを肌身で感じさせ
    られている。
  • However, short war but feel opponent's nastiness with hadami at Valle is that.
  • 小一時間の戦闘の末、天使達は上空に逃れ、そのまま撤退して
    いった。
  • Small 1-hour battle at the end of the angels in the sky, pulled intact.
  • 状況を察したベルク側も砦から打って出て、天使を挟撃する。
  • Berg also inferred to the 挟撃 Angel from the Fort.
  • 奇襲は完全に決まった。
  • Surprise is fixed completely.
  • ウルル「いっくよ、みんなー! 金属音をかき鳴らせ!
    ロックナンバー、メタリック・ゴッデス――!!」
  • Uluru ". I go you guys.!
    Kaki鳴rase metal Sonic! Lock number, metallic goddess--! "
  • 「天使の力、どれほどのものか試させてもらうっ!
    私の雷撃を受けて、無事でいられるか!?」
  • "What power of angels, which have let me try!! I torpedoed the safe, or will be! "
  • ヴァーリは斥候からその報告を得ると、すぐさま軍を動かして
    天使の後背を衝いた。
  • MacNN doggy's Angels, Valle gets reports from Scouts and instantly move the army.
  • ベルクが山岳地帯に立てた砦を、天使の軍勢が強襲していた。
  • Choirs of angels was to storm Fort Berg was in a mountainous area.
  • ロキの言葉に、強いて反対する理由もなかった。
    ヴァーリは近衛達に陣営構築と進軍の準備を同時に命じる。
  • No strong objections to the words of Loki. At the same time command Valle to guard their camp construction and advance preparation.
  • 「だからこそ借りは作っておけ。
    あの男が劣勢というなら、そのチャンスもある」
  • "That's why make or borrow money. If that man is inferior, that chance is.
  • ヴァーリ「あいつは俺を配下に加えようとしてる。
    できるなら係わり合いになりたくないんだがな」
  • Valle "he is trying under me. No I do not want to get involved if you can.
  • 「情報が必要だ。魔族側の将、ベルクに接触するべきだろう」
  • "Information is required. To make contact with the Masaki's demon tribe, Berg.
  • 天界がどれほどの勢力を有し、どんな力を持っているのか、
    まるで分かっていないのだ。
  • It's heaven has so much power, that has no power or does not know it.
  • 元老院だけなら何とかなると踏んだが、これは容易ならぬ事態
    かもしれない。
  • Stepped on would be OK if only the Senate, but it is easier it might be the situation.
  • 「それがあのガキ……ナンナと天界の助力か」
  • "It was that kid. Nanna and heaven help? "
  • 「ヴェスラはオーディン様を信仰し、同時に憎悪していました。
    主神の威光であまねく世を統べるべきだと。
    今、彼女はその代用となる力と手段を得ようとしています」
  • "Faith and Odin as the vessel, was hatred at the same time.
    And the prestige of the Chief God should govern the world far and wide. Am and now she is going to get alternative power and means.
  • 「それを元老院は開いた。
    祭祀長ヴェスラ、あの方の力でしょうか?」
  • "It opened the Senate. The power of ritual long vessel, he? "
  • 「アルフヘイムのゲートに関しては真実です。
    ずっと開く気配がなく、だからこそ厳重な管理だけで放置して
    いたのですが……」
  • "Is the truth about the gate of álfheimr. Not much open sign, that's why is left strictly alone... "
  • リンデ「ゲートの話はただの神話か伝説だと思っていましたわ」
  • Linde "is just a myth or legend about thought.
  • 「そう考えるのが妥当だろう。
    元老院は天界の勢力を味方につけている」
  • "So that makes sense. Senate side wearing forces of heaven.
  • 「本当に天界のゲートから来たってことか……」
  • "What really came out of the gate of heaven..."
  • 「皇国の神族は霊格を封印された影響で、人間の特徴が濃い。
    だがこの女は本物の天使、神の尖兵だ」
  • "God of Imperial sealed the spiritual effects, human characteristics are dark. However, this woman of God, the Angel.
  • 薄汚れているが、生前は端整な顔立ちだったに違いない女の死体だ。
    その背中には白い翼が生えている。
  • Are dirty, but life is now sexy was that bodies must be women. Has grown white wings on their backs.
  • ロキは土埃に埋もれた死体のひとつを指差した。
  • Loki is pointed at one of the corpses buried in the dust.
  • 「天使……そういやあの狸親父もそんなこと言っていたな」
  • "Angel... So I was like you say that sly old man, "
  • 「相手が天使なら無理もない。
    元老院は厄介な手合いを味方につけたようだ」
  • "No wonder if Angel is your opponent. Seems Senate ally did the nasty handicap.
  • ヴァーリ「魔族の兵の死体が多い。ベルクの旦那は苦戦しているらしい」
  • Valle "many corpses of soldiers of the mazoku. Seems to be struggling, Berg's husband.
  • 激しい戦闘があった場所らしく、岩山は大きく抉られ、地面には
    破壊の痕が刻まれている。
  • Where there were fierce battles will have traces of destruction on the ground, ripped large Rocky Mountain.
  • 海岸線から内陸へ1時間ほど移動した荒地に、ヴァーリは船を
    着陸させた。
  • Moved about an hour inland from the shoreline in a wasteland, the Valle landed the ship.
  • ヴァーリが大陸に乗り込んだのは、両者の戦いが熾烈を極める
    そんな時だった。
  • Valle had boarded on the continent was at that time searching for a fierce battle between the two.
  • その動きを察知した魔族の謀将ベルクは、本拠ニズヴェリルから
    軍勢を率いて遠征を行う。
  • Senses the movement of conspiring generals Berg led the army from home nizverill the expedition.
  • 彼らはその実現のため、いち早く戦禍のヴァルハラを離れ、
    アルフヘイムに拠った。
  • They left the Valhalla war quickly for its realization, and depended on álfheimr.
  • 人造主神ナンナの下、魔族を排した神聖アースガルズ皇国こそが
    元老院の理想。
  • Holy Asgard Empire under the main manmade God Nanna procurement mazoku's the Senate ideal.
  • 神族至上主義に傾く元老院は、オーディンの死後、
    新たな指導者と国のカタチを見出す。
  • Senate lean on God's sake find shape new leaders after the death of Odin, and the country.
  • 歴史や人の在りようは移ろうものである。
  • In history, people are moving in.
  • 当時のロキの決定は賢明と言ってよかった。
  • Loki at the time the decision is wise and good saying.
  • その昔降臨したオーディンが紆余曲折の末、魔族の覇王に下り、
    皇国を築いた事実を、天界が許容するとは考えにくい。
  • It seems unlikely the fact that Odin once fell down to the ancestry of the mazoku twists and turns at the end of the the Imperial heaven will allow.
  • 天界に住まう神と、アースガルズの女神や神族の末裔は、起源を
    同じくしながら、全く別の歴史を辿っている。
  • Descendant of the God and goddess of Asgard and the gods dwell in the heavens, while the same origin reflecting alternative history.
  • ゲートは今でこそ封印され、沈黙しているものの、天界に繋がって
    いると目され、覇王ロキは熟慮の末、アルフヘイムを不可侵の聖地
    としたのだ。
  • It's Overlord Loki was inviolable sanctuary álfheimr deliberations, is regarded as the gate was sealed by now, have been silent, but connected to the heavens.
  • その理由は大陸の中央に発見された、ゲートの存在にあった。
  • Gates found in the middle of the continent, there was the reason.
  • 古くから皇国の勢力下に置かれたこの大陸は、しかし長い間
    大規模な入植を避けられてきた。
  • Was placed under imperial power from the old continent, but have avoided for a long time a large settlement.
  • アルフヘイム――。
    皇都ヴァルハラの北方に位置する小さな大陸である。
  • Álfheimr-. In a small continent located to the North of Crown City Valhalla.
  • 「あん、せっかちねぇ・・・」
  • "Impatient too, I..."
  • 「ねぇ、おしゃぶりしてもいい?」
  • "I want the pacifier, even? "
  • プレイ時間 37:14:12
  • Playing time 37: 14:12
  • 相手が変わればこれほど違うものか・・・
  • What is so different...
  • これもエミのおかげだ・・・
  • This is thanks to EMI...
  • 見えない心のうち
  • Out of the invisible heart
  • それから朝まで、2人は激しくまぐわうことになる。
  • Then in the morning, the two bear hoes should be doing.
  • そんなことを考えながら、ヴァーリはウルルに覆い被さった。
  • Thinking that the Valle 覆i被satta to Uluru.
  • ウルルはヴァーリに抱きつくと、ズボンの上から股間の辺りを
    さわさわと撫で始めた。
  • Uluru is hugging in the Valle and started stroking rustling and crotch area from the top of the pants.
  • 「ウルルもエッチするならヴァーリくんがいいよっ。
    ヴァーリくんのおちんちんが一番」
  • See it to experience Uluru also Valle-Kun?!. Valle-Kun is the best.
  • 「えへへ~、そんなにウルルのこと想ってくれてたなんて、嬉しい
    なぁ~。もうキスしちゃう、ちゅっちゅっ」
  • "No to to-, I'm glad it's me thinking so much of Uluru, I ~. Longer be kissing, chutchut.
  • ヴァーリの言葉にきょとんとしていたウルルは、ややあってだらし
    なく顔を綻ばせた。
  • Uluru Valle's words had been vacant and was slightly loose but not 綻baseta face.
  • 「ヴァーリくん……」
  • "Valle-Kun..."
  • 「……あまり気は進まないな。
    お前の体は俺が調教して、開発してやったもんだ。
    オヤジどもに抱かせるほど安いもんじゃねぇ」
  • "...
    And don't get too far.
    Your body to torture me, I developed it. Cheap enough to father children inspire something.! "
  • 1.あまり気は進まない。2.構わん、思う存分やれ。
  • 1. Not care too much. 2. Caring, I do it.
  • 仏頂面のヴァーリに、ウルルはふとそんなことを聞いてくる。
  • Valle without a smiling face, Uluru is suddenly ask such a thing.
  • Out of sight, out of mind.
  • 見えない心のうち。
  • 「プロデューサー、ひょっとしてウルルが他の人とエッチするの
    イヤなの?」
  • "Producer, possibly, Uluru to etch other people hate? "
  • 「ああ、今のお前ならそんな反応だろうな」
  • "Oh, now you're such reaction would be,"
  • 「なぁんだ、そんなことか」
  • ", I got the thing?"
  • 「……脂ぎった商人どものリクエストでな。
    ヴァルハラの皇族とも繋がりがある大商人のお歴々なんだが、
    生まれ変わったお前の身体を、堪能したいとよ」
  • "...
    At the request of the merchant's greasy. And I want to enjoy the reborn's authorities of large merchant connection has a Royal family of Valhalla, but your body.
  • ヴァーリは不意に顔をしかめ、口ごもる。
    その様子にウルルは小首を傾げた。
  • Valle was suddenly a frown and stammer. It shook a Uluru.
  • 「ああ、それなんだが……」
  • "Oh, it is a..."
  • 「じゃあプロデューサー、次のお仕事はどんなの?」
  • "Then of any producer, following your work? "
  • 窘めると、ウルルはてへっと舌を出した。
  • 窘meru and Uluru well heh and stuck out his tongue.
  • 「あっ、ヴァーリくん!」
  • "Oh, Valle-Kun! "
  • 「よぉ、今日のコンサートもよかったみたいだな。
    さっそく評判が聞こえてきてるぞ」
  • "I'm Oh, looks good in today's concert. I immediately hear reputation. "
  • 「うふっ。みんなのねばっこい視線が一点集中……っ。
    あんっ、ステージに上がるの、病み付きになっちゃう……っ!」身を焦がす高揚に、ウルルは身悶えた。信者達はウルルの一挙手一投足に、黄色い声援を上げ続けるの
    だった。
  • "Tofu was. Everybody's nebakkoi eye convergence.
    tsu. Bean was, on stage, it becomes addictive. tsu! "The uplifting, Uluru is wearing 悶eta. Believers who are Uluru's every move up cheers continue.
  • 「うふふぅっ、こうかなぁっ?
    ウルルの熱い想い、みんなのおちんちんに届けぇーっ!」「あああっ、すっごく届いたよぉ!」「うーるるっ、うーるるっ、うーるるっ!!」
  • "Tofu Whew!, I'd gone? Aspirations of Uluru, in the uniform of all delivery!!! "" Oh Oh, it arrived very wow! "" Uuru.!, uuru you!, uuru..! "
  • 突然の変化に、当初こそ信者の間で戸惑いが見られたものの、
    すぐに新しいパフォーマンスが受け入れられ、昔を超す人気を博す
    るようになる。
  • Sudden changes in the beginning were found confusion among believers, but quickly accepted the new performance, over the old popular I so would.
  • ウルルがビッチ系アイドルとして売り出すようになって、しばらく
    の時が経った。
  • Uluru is to market as a bitch-Idol, some time has passed.
  • 搾精接待ビッチ系アイドル、ウルル。突然の変化にも関わらず、その有り様は人々に受け入れられていた。
  • Must fine entertainment bitch-Idol, Uluru. Despite the abrupt change and that fact had been accepted to the people.
  • 「浮気した罰だって、恥ずかしい格好をさせてエミを苛めるの。でも、社長だってエミと会えない間、美人の奥様としちゃったんでしょう?」
  • "Punish the unfaithful even embarrassing, chastise the EMI. But, I see EMI's President, while his beautiful wife and gone? "
  • 「妬いてるの?ふふふ・・・。そうよ・・・、毎晩犯られちゃったわ・・・」
  • "I'm jealous of? Hehehe.... So I... every night crime was I made... "
  • 「その間、あの男と犯ってたのか?」
  • "In the meantime, man and crime was or? "
  • 搾精接待6章終了まで/行動値:1ビッチ系アイドル、ウルル。突然の変化にも関わらず、その有り様は人々に受け入れられていた。
  • Must fine entertaining Chapter 6 ends and the action value: 1 bitch-Idol, Uluru. Despite the abrupt change and that fact had been accepted to the people.
  • イメチェンを果たしたウルルは、その後、新たなファン層を開拓
    していくことになるのだった。
  • It was played the anthology Uluru will develop a new fan base.